●モノは消える - HMU 達弥西心●人生は旅なのだろうか - HMU 達弥西心

2009年06月16日

●モノはなぜ消える - HMU 達弥西心

人はどうして死んでいくのだろう。
一度は真剣に考えたことがあったろう。で、答えは見つかっただろうか。ここでもまた矛盾の悲しみを味わったかもしれない。
人はどうして死んでいくのだ。モノだからだ。モノは消える。からだはモノだ。人間(モノ)は生まれてきた(現れた)から、死んでいく(消えていく)のだ。モノとは目に見えるモノのこと。目に見えるモノは例外なく消えていく。そう、まぼろしなのだ。
モノが「まぼろし」である前は、なんだろう。
無だ。そう、何も無かった。
そもそも宇宙は闇に覆われていた。したがって、見えるものは何も無い。見えないものだけがあった。モノは何もなかった。
そこに光があった。宇宙に見えるモノという存在が現れた。存在という現象が現れたのだ。闇が先、光があと。見えないものが先、見えるモノがあと。原因が先、結果があと。
無かったものが、在らせてもらったなら、無かった状態にして戻す。だから、人間は死んでいくのだ。在らせてもらう時間には、当然限りがあるのだ。
無いから在るへ、在るから再び無いへ。ぐるぐると回り続ける。
モノは消える。それを悲しいと思うのは。未練というものだろう。
人はまぼろしとしてこの世に存在し、消えていく。悲しみに浸らないで、悲しみをしっかりと見据えて、悲しみを越えていかなければならない。
達弥西心


oitokuyo at 10:00│ HMU 達弥西心 
●モノは消える - HMU 達弥西心●人生は旅なのだろうか - HMU 達弥西心