●風間旅人随想(2020/04)(6/9) - HMU 達弥西心●風間旅人随想(2020/04)(8/9) - HMU 達弥西心

2020年04月22日

●風間旅人随想(2020/04)(7/9) - HMU 達弥西心

人は、家族を育てるために不動産を手にする。人生にスポットライトが当たる。しかし問題は次だ。家族を育て上げ、連れ合いを送ったあとの不動産はどうする。自分から手を放す必要がある。事業として生前整理、遺品整理を引き受けるようになって、時には永代供養(お墓の解体処分)を引き受けるようになって、余計に、住まわなくなった家や耕さなくなった田や畑、森化した山林が急速に増えていることを知った。住宅や農地山林の「第二の人生」を世話しなければ放られたまま朽ちていく。そんな生き方提案は不動産業者がやらなければ誰がやるのかと。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心 
●風間旅人随想(2020/04)(6/9) - HMU 達弥西心●風間旅人随想(2020/04)(8/9) - HMU 達弥西心