●風間旅人随想(2019/11)(3/8) - HMU 達弥西心●風間旅人随想(2019/11)(5/8) - HMU 達弥西心

2019年11月18日

●風間旅人随想(2019/11)(4/8) - HMU 達弥西心

ある日、歩道橋の上にいたら下の方から誰かが「いわきさ〜ん」と何度も呼ぶ。呼ぶ人が上がってきた。見ると、なんだ、貸本屋のおばさんだった。私は自分が「石城淳平」であることをすっかり忘れていた。井上陽水の『小春おばさん』という歌がヒットした頃のこと。小春おばさんは同様に貸本屋のおばさんだ。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心 
●風間旅人随想(2019/11)(3/8) - HMU 達弥西心●風間旅人随想(2019/11)(5/8) - HMU 達弥西心