2017年08月23日

●風間旅人随想(2017/08)(9/11) - HMU 達弥西心

奥さんがすがって「あなたの気が済むようにどうにでもして。叩いてもいいから、どうにでもしてほしい。あなたの悩んでいる顔を見るのが辛い」と言います。奥さんは「ごめんなさい」とは言うのですが、「自分にはこれしかなかった」とは言いません。小津監督のあの描き方がすごいなと思いますね。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心