2017年08月22日

●風間旅人随想(2017/08)(8/11) - HMU 達弥西心

そんなことが私にはたくさんあります。仕事のことから言うとたくさんありますね。そんなことだらけかな。結果としてそれが正しいことになってくるのですが、先々月取り上げた『風の中の牝鶏』という映画の話ですが、「じゃあ、あの場合、あの女の人はどうしたらよかったの?」と問われても、正解が見えません。「それしかなかったよね」というのと、「それはダメだろう」というのと、いろいろあります。答えはないでしょう?結局、自分で決めたということによってそれを正解にしてくれるのです。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心