2017年03月23日

●風間旅人随想(2017/03)(10/12) - HMU 達弥西心

そうすると私はどうなるのかというと、閉じてしまうこと。それもいいなと最近はずっと思っています。息子を見ていて、すごくがんばっていると思いますし、本人も継ぐつもりでいるのですが、これから友だち関係だとか進路を行くにあたって、これから先、「こっちをやってみたいな」と思うかもしれません。その方がもっと価値があると本人が思えば、それはそれもいいなと思うし、「どうしても継いでもらわなければ」とは思いません。思わないというか、思うのですけれども、結局は、私は自分の人生を使って生き方提案というのをやってきた、やり切ったということで終わってもいいかな、一人でしまってもいいかなと思います。それが人生というものではないかなと、今は一方で思っています。


oitokuyo at 07:59│ HMU 達弥西心