2017年03月16日

●風間旅人随想(2017/03)(3/12) - HMU 達弥西心

私が若い頃、社会人になって一番に思ったことは、自分は仕事をやり続けて、そして定年を迎えて終わることでした。その頃は定年と思っていましたが、そのときに子どもがいたら、「同じ仕事をしたい」とか「あとを継ぎたい」と言ってくれることをイメージしていました。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心