2017年02月02日

●風間旅人随想(2017/01)(18/18) - HMU 達弥西心

20年前にこういうことがありました。これは大きな勉強代だったと思います。「ああそうだよね。そこだよね」ということです。ですから、とことん行ってみると「かえってよかった」となるのですけれども、その途中では真逆のことが起こってきます。このまま行くか、残るかは、その都度ちゃんと自分に聞いてください。以来、私はしっかりと自分に尋ねながら経営をしています。
(西)


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心