2016年12月23日

●風間旅人随想(2016/12)(8/8) - HMU 達弥西心

間(かん)髪(はつ)を容(い)れず、とは《「説苑(ぜいえん)」正諫から。あいだに髪の毛1本も入れる余地がない意》少しの時間も置かないさま。「質問に間髪を容れず答えた」[補説]「間、髪を容れず」と区切る。「かんぱつを、いれず」「かんぱつ、いれず」は誤り、なのだそうです。
(西)


oitokuyo at 07:59│ HMU 達弥西心