2016年08月17日

●風間旅人随想(2016/08)(6/8) - HMU 達弥西心

きゅうりは、なすは、どんなふうにして食べていたかなと、食事のたびに思い出してみる。たこのブツ切り刺身、ポテトサラダ、母が作ってくれたそのままに食べていた。母がたくさん作っていたのは食べてくれる家族がたくさんいたからだった。晩年は自分の分も自分で作ることをしなかった。せいが無かったのだろう。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心