2016年07月21日

●風間旅人随想(2016/07)(7/9) - HMU 達弥西心

でも、あれはおもしろかった。三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』という映画の1シーンで、落ち武者に、女性弁護士が「私、タクシーで行くから、どこどこで落ち合おう」と言ったら、落ち武者が「僕も連れて行ってよ」と言う。「どうして?あなた、瞬間移動できるんでしょう?」と聞くと、「できない。タクシーに乗って行く」と言って、むりやり乗って行くという話がありましたけれども、あの辺はどうなのかなと思いますね。ま、三谷幸喜の世界ですからね。落ち武者にもわからないところはありますよね。生きていた時代がずっと前ですから、「あそこの角で会おう」とか言われても、「わからないから連れて行ってくれ」と言いたくなりますよね。


oitokuyo at 07:59│ HMU 達弥西心