2015年08月18日

●風間旅人随想(2015/08)(4/7) - HMU 達弥西心

貸本屋のおばさんが私に声をかけたのは、ある大きな宗教団体の集会に連れて行く人数集めのためだったようだ。偽名を使っていた後ろめたさからその集会に行くことを承知した。「ぼく、お金ないですよ」と断わったのに、タダでいいからと説得されて(当たり前か…)、次の日曜日、学生服を着て3時間ばかり体育館の一番後ろの席でじっと最後まで聞いていた。当時大人気だった女性歌手がゲストだよ(何のゲストだろうね?)と聞かされていたのに、最後の最後まで出てこなかった。


oitokuyo at 07:59│ HMU 達弥西心