2015年03月17日

●風間旅人随想(2/5) - HMU 達弥西心

私は人生を苦しいものだと思ったことがない。大変なことはいろいろあった。「ああこれは逆だな」と思うことはしょっちゅうだがそれを苦しいものだと思わない。思い通りにいかなかったり、試練があったり、たしかに生きることは大変だが、ちっとも苦しくはない。このごろ改めて『親鸞聖人を学ぶ』(一万年堂出版)という本を読みながら、親鸞が生きたようにこんなに苦しいものだと感じたことがなかったなあとしみじみ思った。なぜなのだろう。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心