2014年10月25日

●風間旅人随想(2014/10)(2/6) - HMU 達弥西心

■そして最後には、全部投げ出す
そしていよいよ最後には、全部投げ出すことです。全部、返していくことです。この世の人生が終わるときは、働かなくなるときです。『働き終えると人は死んでいく』のです。これはとても大事なポイントです。人は働くために生きていたのです。
ですから、働き終えるということは(「はたらき」が終わるということであり)、役割がなくなるということです。役割がなくなるから終わっていくのです。役割があるうちは役割を果たさなければなりません。
テーブルの上のグラスも、床に落ちて壊れたら、使えなくなります。役割が終わるから捨てられるのです。役割がある以上は、何かのはたらきをします。
ですから、この世に存在しているということは、まだ働く余地があるということです。生涯現役とか終身現役と言われて、「ああ、死ぬまで働くのか」と、そういう考え方ではなくて、生涯現役は神さまが願っている姿勢だと理解することです。生涯現役をどう果たすか。自分が得てきたもの、自分が持っているものを、すべて与えきるのです。教えてあげる、伝えてあげる、なんでもあげるのです。みんな、よろこびます。
うれしい新聞第100号の次は、うれしいことを教えてあげる第101号を目指します。


oitokuyo at 08:01│ HMU 達弥西心