2013年11月23日

●風間旅人随想(2013/11)(6/11) - HMU 達弥西心

お寺に永代供養を申し出たら、和尚さんに叱られた。「そりゃあ、娘のあなたが供養しなきゃ誰がするのですか」「私が供養したい気持ちはやまやまですが、私は嫁いだ身です。それに、いまは元気ですが、私も歳を取ります。いずれは死んでいきます。元気なうちに永代供養をお願いしておきたいのです」


oitokuyo at 08:03│ HMU 達弥西心