2013年05月26日

●風間旅人随想(2/3) - HMU 達弥西心

奉祝祭ありがとうございました。会長の始まりの挨拶で「この会は宗教ではない。自分で決める生き方をしている。喜んで生きている人たちが集っている」というお話で地元の方に伝わったと思いました。大きく頷いて、話を聞いていたそうです。それから会員としては、自分と会話する生き方とは、ごく自然な生き方だし、これから先の時代は、自分と会話しないと生きにくくなる、とあらためて思いました。女のひとり歩きは、男のひとり歩き、子どものひとり歩き、高齢者のひとり歩きにつながっている、自分のことを自分で決めるしかないと思いました。ありがとうございました。


oitokuyo at 08:01│ HMU 達弥西心