2012年06月21日

●風間旅人随想(2012/06)

時間は、速くなったり遅くなったり、重くなったり軽くなったり、現在・過去・未来が入れ替わったりもする、という、私の、見えない世界の話は、どうしても見える世界のモノ的時間、一日24時間規則正しく時を刻むという時間にとらわれてしまうので、多くの人が理解できないようだ。ましてや未来から現在に降ってきて、過去へと積もっていった時間が、やがてバイパスを通って未来へと還っていくことになっている、という説明には、アタマがついていかない。


oitokuyo at 08:00│ HMU 達弥西心