2011年09月15日

風間旅人随想(2011/09)

 幸せそうに顔が晴れている人は、まわりの人たちの良いところを見つけようとしている人、不幸せそうに顔が曇っている人は、まわりの人たちの良くないところを見つけては批判する気持ちを持っている人、だと思う。相手の幸せを見つけようとする人は、自分が幸せになるということであり、相手の不幸せを見つけようとする人は、自分が不幸せになるということのようだ。他人を批判する人は自分が幸せになれない、自分のこころが晴れない、ということなのだ。相手を幸せにしなくても、相手の中に幸せを見つけることができれば、自分が幸せになれるということだ。


oitokuyo at 08:00│