2011年08月20日

風間旅人随想(2011/08)

 自分のことを、「駄馬だが、天才だ」と思うようにした。「駄馬だが、超エリートなのだ」と思うようにした。天からもらう才能で勝負すればよい、「こんなことに気がついたオレは選ばれた超エリートだと思う」、そう思いこむことにした。自著『エリート駄馬のすすめ』は、そんな私が子どもたちに夢の描き方を教える本だ。


oitokuyo at 08:00│