2021年09月

2021年09月24日

●風間旅人随想(2021/09)(5/5) - HMU 達弥西心

達弥西心という名は「うえから名付けてもらった」と書いた。私は「うえ」の意思を受け取ることができる。MAO(自分と会話すること)ができる。魂基準の生き方提案の人生経営はもちろん、からだの元気を提案するネティエノも、「住宅にも第二の人生を」のピアレックスも、もちろん農業も遺品整理も、純真米粉もノングルテン米粉パンも、やのくにづくりも、その意思(天意)に沿って経営を進めている。盆踊りはやりたかったなあ。
(西)


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2021年09月23日

●風間旅人随想(2021/09)(4/5) - HMU 達弥西心

何のために生きているのか、人生の目的がわからない。家の後継は誰なのか。住まなくなった家をどう処分すればよいか。耕作する人のいない農地をどうするか。お寺との付き合いをどうすればよいか。遺品整理をどこに頼むか。永代供養とはどんなものか。私どもの業務のほんの一部だ。人生の生き方を提案する会社を経営している。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2021年09月22日

●風間旅人随想(2021/09)(3/5) - HMU 達弥西心

暮らしとは、(一日中)ずっとその事をしつづける意を表す。[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]同じことを繰り返すという意味だ。繰り返しても、繰り返しても、人生にわからないことは次々に出てくる。そんなことなどの相談に乗って、アドバイスをしている。人生経営コンサルタントだ。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2021年09月21日

●風間旅人随想(2021/09)(2/5) - HMU 達弥西心

達弥西心(たつや・さいしん)という名で生き方を提案している。弥(や)八方位に達(たっ)するように、西(24次元層)に心(こころ)をかけるように生き方を提案している。うえから名付けてもらった。弥=この世のすべて(八方位)の人たちに達するように、西=死んでしまった霊界のすべて(天界から地獄界に至る24次元層)の魂たちにも心をかけるように、という願いがかかっている。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2021年09月20日

●風間旅人随想(2021/09)(1/5) - HMU 達弥西心

風間旅人(かざま・たびと)という名でエッセイを書いている。風の間を旅する人を気取っている。幼いころからなんとなくそんな生き方をするような気がしていた。70年間、きっとそんな生き方だったと思う。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心