2018年10月

2018年10月19日

●風間旅人随想(2018/10)(8/8) - HMU 達弥西心

こんな感じがいいですね。ですから、「念い・言葉・行動」において、外してはならないことはと、あまり肩に力を入れない方がよいです、ということです。ボーッとして、ゆらゆらと、ま、こうしか言えないよね。なんとなくこうだよなあ、という方が、神さまは応援しやすいみたいですね。神さまに話を聞いてみた。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月18日

●風間旅人随想(2018/10)(7/8) - HMU 達弥西心

ああいう人っていいですね。ああいう人というのはうえから見たらすごく好ましいのだと思います。ゴロゴロとあっちに行ったりこっちに行ったりしますから、「こんなのを歌ってみたら?」ということがしやすい人だと思いますね。動かしやすい人。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月17日

●風間旅人随想(2018/10)(6/8) - HMU 達弥西心

彼の押えるコードも怪しいのです。「Cコードとか、いくつも知らないんだよね」と言う。「よくそんなのでやれますね」と聞かれて、「いろんな人の映像を見ていると、この人はCコードなんだけどちょっと違う押さえ方をするな」というのがわかるそうです。「ジョン・レノンが引いていたコードをジョンCというのですが…」と。あまりおもしろくないですか(笑)。ジョンが弾いていたコードに足すとか引くとか、していて、ときにはウルトラCというのをやると言っていましたね。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月16日

●風間旅人随想(2018/10)(5/8) - HMU 達弥西心

シンガーソングライターの斉藤和義という人がテレビに出ていて、「ぼくは楽譜書けないんだよね」と言っていました。「ギターのコードも押さえ方もよく知らないし」と言っていました。どうやって作曲をするのかというと、鼻歌をボイスレコーダーに入れるそうです。そんなのでどうやってバンドをつくるのかといったら、自分は勝手にジャンジャンと弾きながら歌っている。そうしたら周りの楽器ができる人たちがそれに合わせて音を重ねてくれる、いつのまにかバンドになっている。それで今までの歌は全部作ってきました、と言っていました。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月15日

●風間旅人随想(2018/10)(4/8) - HMU 達弥西心

ときどきひとり言をつぶやくことはありませんか。「こうなんだよね」と言って。よくスタッフが私に「何ですか?」と聞きます。「いや、私の中のこと」と言うことがありますけれども、こういう状態だと神さまは動かしやすいですね。メッセージを送りやすいですね。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月14日

●風間旅人随想(2018/10)(3/8) - HMU 達弥西心

「この仕事をしなければいけないのは頭ではわかるんだけど、する気がしないなあ」とか、そんな感じで、要するに自分自身がゴロゴロ動くボールのようになるというかな。こっちに動いたらこっちに動くという状態を作ってやると神さまは応援しやすいようです。「はい、こっちに動いて」というのが、動かしやすいと思いますので、その状態を作ってやることです。どっちにだって転がっていく状態ですね。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月13日

●風間旅人随想(2018/10)(2/8) - HMU 達弥西心

あまり頭で考えないことかな。それが一番早い。ゲームというか、ボーッとする瞬間がありますよね。一番ボーッとするのは息を吐いたときだと言いますが、ハーッと吐きながら何となく考えてみる。そうすると、「こんな感じだなあ」ということがわかってきます。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年10月12日

●風間旅人随想(2018/10)(1/8) - HMU 達弥西心

こんな質問を受けました。「神さまに応援をいただくことが多々あります。そのとき、「念い・言葉・行動」において、外してはならないことを教えてください」。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心