2018年08月

2018年08月25日

●風間旅人随想(2018/08)(16/16) - HMU 達弥西心

一番わかりやすいのは、アンパンを二つに分ける兄弟の話ですね。お兄ちゃんが帰って来る前に食べようとすると、ちょっと指一本ずらして自分ほうが多く割る。それを、「お兄ちゃんが帰って来てから目の前で分けよう」となってくると、意識レベルは上がります。「どうせわかりはしない」とか、「お兄ちゃんは後で帰って来るんだし」ということになるとレベルは上がりません。ちょっと厳しい方を敢えて選ぶということになるかもしれませんが、そういうふうにすると上がっていきます。自分の念い方です。
(西)


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月24日

●風間旅人随想(2018/08)(15/16) - HMU 達弥西心

それを、自分がミスして、どうやったらミスしなくなるかなと自分で考えるようになってくると、意識レベルが上がってくるということです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月23日

●風間旅人随想(2018/08)(14/16) - HMU 達弥西心

人とケンカをしなくなると上がってきます。ふつうはケンカします。それから、先ほども最初に言いましたが、ミスをしたらふつうはごまかします。ウソをつきます。わからないまま過ごせればいいなと思って、自分はできない人と思われたくないのです。でもそれはふつうのこと。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月22日

●風間旅人随想(2018/08)(13/16) - HMU 達弥西心

ちょっと変えるということは結局のところ、自分の意識レベルを上げるということなのです。「どうしてもこう思えない」というときはずっと同じことを繰り返していますが、「あっ、こういうふうに変えればいいんだな」と、ちょっと変えることができればそこでザザッと動きます。そこだと思います。どういう方向にレベルを上げていったらよいかということがわからないと。ですから、意識レベルを上げるためには自分の念い方をちょっと変えることです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月21日

●風間旅人随想(2018/08)(12/16) - HMU 達弥西心

魂がずっと変わらずにやっている人は、端的にいうとレベルが上がっていないということです。ですから一度、振り返ってみてください。あなたが私に出会ったときにこういう問題を抱えていました。今でも抱えていたら、簡単に言うと意識レベルは変わっていないということです。ということは、何かわからなければいけないことというか、知らなければいけないことがあるのです。それは何かということをつかんでくる。つかんでくると、それを片付けるためにはどうしなければいけないかというのがわかります。たいてい、「こうしなければならない」という答えは、自分の念い方をちょっと変えれば簡単に片付きます。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月20日

●風間旅人随想(2018/08)(11/16) - HMU 達弥西心

それは人間の悩みでも同じです。だから、「こうならないからダメなんだ」ではなくて、「行きたいんですけど、ちょっと…」と考え始めたときにずっと質問をすると、この人はこう考えているんだ、こういう考え方をするんだな、というのがわかるようになってくるのです。そうすると自分がどうなっていけばよいのかがわかります。頭ごなしに言ったのではわからない、ということです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月19日

●風間旅人随想(2018/08)(10/16) - HMU 達弥西心

最初は「おもしろいや」と言ってついてきます。このときは本人にわからせるにはまだ早い。「来い」と言って「はい」とついてきているうちはまだ早い。「行きたいんだけど怖いなあ」とか、「これ以上行っちゃいけないな」と思い始めたときに、自分が思っている本当のことを言うのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月18日

●風間旅人随想(2018/08)(9/16) - HMU 達弥西心

私がいつも思うのは、ルシフェルさんが光の神の下にいたのだけど闇に下ったときに、一人一人を闇に引っ張るという仕事をやりました。「こっち来いよ」と言うと、最初はスッと付いて来ます。でもそのときは全然深まりません。「来いよ」と言われて「はい」と言っているうちは深まらないのですが、だんだん闇の深いところまで連れていくと「嫌だ!」と言い出します。「どうしてだ?」というやり取りをし始めると、その人が本当に考えていること、真に考えていることがわかるのです。それで、「そうか。そういうふうに考えるんだな。このままこっちの闇のほうに一緒に来るか、それとも光のほうへ帰るか」というふうに、相手に選ばせる形をとると、だんだんその人の意識レベルがわかってくるのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月17日

●風間旅人随想(2018/08)(8/16) - HMU 達弥西心

私の場合だとスタッフですね。今はすべての人について「合う」と思っていますが、やっぱり、「この人はどういうふうに育てたらいいのかな」と思うことはあります。何かを言っても言い訳をするとかウソを言うとか、いろいろあるのです、人によってね。それはそうなのですが、私は頭ごなしに言うのが嫌いですから、黙ってやれ!と言うのは嫌なのです。そうすると当然、「どうしてこんなことを言うの?」と聞きます。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年08月16日

●風間旅人随想(2018/08)(7/16) - HMU 達弥西心

それは、「そうなりたい」と思わないと上がりません。まあ、いろいろな人と付き合ってみるとわかります。どうしても付き合わなければいけないのに合わない人というのがやっぱりいます。どうにもならないという人がいます。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心