2014年11月

2014年11月30日

●風間旅人随想(2014/11)(16/19) - HMU 達弥西心

人生は曲がりくねった道ですけれども、それは、困るたびにどうしようかなと考えながらあっち行ったりこっち行ったりして道ができるわけでしょう?そうして道というものが見えてくる。だから、「私が歩いていく道はこうなんだ」というのがだんだんと見えてくるわけですね。そうしたら、「おそらくこの辺りに行くとちょっと落とし穴がありそうだから、そこは避けてこう行こう」とか言って道を作っていくわけですね。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月29日

●風間旅人随想(2014/11)(15/19) - HMU 達弥西心

道というのは歩いていく道のことですね。右に行くか左に行くか。分かれ道はやっぱり考えるよね。どっちに行こうか困るよね。だけど、「ただ歩いて来なさい」と言われて、草原か何かでね。ずっと「30年間歩いてください」と言って、そういうどう歩いてもいいという道はとても自由みたいですけど、どう歩いていいか分からないですよね。最初はぐるぐる回ってみるけど、ちょっとこっちに行ってみようかなという、そんな困ることがない。どこに行っても歩けるから、どこまでも歩けるから。でも時々、こっちに行ったら川があって渡れないよということになってくると、どうしようかと考えるよね。だから道がだんだん見えてくる。「ここはこう行ってはいけない。こう回ってこう行くんだ」とかね。そのうち、飛び石を渡っていこうとか、橋をかけようとか、まわり道をしようとか、考えるよね。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月28日

●風間旅人随想(2014/11)(14/19) - HMU 達弥西心

●道が見えない
それから、「道が見えない」。困ることが起こらなかったら道が見えないのです。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月27日

●風間旅人随想(2014/11)(11/19) - HMU 達弥西心

困っているからそのスタッフはしょっちゅう電子手帳を開いて、「ああー」とか言ってね。初めて知った!みたいなね。すごく簡単な漢字でも、「あっ、そうか」みたいなね。困ってはじめてもう一度辞書を引くのです。ちゃんと勉強してきたはずなんだけど、その時はサラッと流したんだね、別に困りはしないからね。形が何とかなっていたら書き順だとか意味だとか関係なくその漢字でマルもらったりするからそれでよかったのだけど、ここで読んで意味が分からなかったら分からないからちゃんと辞書を引くんだよね。そんな「わかった!」を今積み重ねています。毎日たくさん賢くなっているそうです。自分で言っていました。困ったら賢くなります。分からないことが分かるようになってくるとね。それは困らないとそういうことをしないということですね。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月26日

●風間旅人随想(2014/11)(10/19) - HMU 達弥西心

そうすると、読めるのだけど意味の分からない漢字が時々出て来るのです。だいたいは分かる。もちろんテストも受けて来ているから、学校も出ているしちゃんとテストで点は取ってきているんだけど、これがどういう意味でどういうことを言っているのかということ、これが分からないと文章が読めなくなってくるから、読みながら困っているんだよね。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月25日

●風間旅人随想(2014/11)(9/19) - HMU 達弥西心

いつもだいたい一人ずついるんですよ、お勉強をする役というのは。知らないでしょう?いるんですよ。その人がじーっとしてて本を読んでいるのです、ずっとね。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月24日

●風間旅人随想(2014/11)(8/19) - HMU 達弥西心

今、うちのスタッフで、この間いろいろ人事異動をして、朝から晩までお勉強をするという役を作ったんですね。本屋に行って本を買ってきて、朝から晩まで本を読む。何の本を読んでもいいのですけれども、そのスタッフは私がしゃべっているそのへんの関連の本を買わないといけないんだろうなと思って、空海のどうのこうのとかいう本を買うんですね。そんな本をこれまでじっと読んだことがないから、読んでいる、一日中読んでいる。


oitokuyo at 08:32|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月23日

●風間旅人随想(2014/11)(7/19) - HMU 達弥西心

●分からないことが分からないままに終わる
困ることが起こらなかったらどうなるか。「分からないことが分からないままに終わる」と言うんですね。分からないなと思っても別に困らないから、どうしようと思わなくていいんですね。サラッと流してしまうんだよね。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月22日

●風間旅人随想(2014/11)(4/19) - HMU 達弥西心

養老孟司氏が新潮新書『復興の精神』の中で、『精神の復興需要が起きる』と題してこんなことを書いている。「悪いことがあると、人は無理やり学ばされる。いいことというのは、その時点がピークで、そこから学ぶということがない。」
そういうことです。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年11月21日

●風間旅人随想(2014/11)(3/19) - HMU 達弥西心

そうすると、困ったことが起こるのは実はいいことですよね。「ああ、また向上のチャンスをもらった」とかね。なかなかそうは思えないけど、でもそれをやって行くのです。困ることが起こらなかったら、向上しない、進化しない。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心