2014年01月

2014年01月26日

●風間旅人随想(2014/01)(6/6) - HMU 達弥西心

雨が降っていても降っていなくても、きちんとポストの中まで入れ込むようにと指示した。申し訳ございませんでした。
(西)


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年01月25日

●風間旅人随想(2014/01)(5/6) - HMU 達弥西心

濡れていない新しい『うれしい新聞』をすぐにお届けしたかったが、先様に連絡が取れずに断念した。しかし「うれしい新聞を配るのは構わんけど」は率直に嬉しかった。読んでくださっているのだ。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年01月24日

●風間旅人随想(2014/01)(4/6) - HMU 達弥西心

配るスタッフのほんの一部が先を描けないからだ。描けないと仕事にならない。学生時代に住み込みで新聞配達をしていた私にはこのクレームは胸が痛い。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年01月23日

●風間旅人随想(2014/01)(3/6) - HMU 達弥西心

一件ご報告いたします。
今「熊毛郡田布施町のものだけど」と中年の男性から電話があり、「お宅は福岡県か?うれしい新聞を配るのは構わんけど、なんでポストに半分くらいしか入れないの?素人が配っとるんか?雨で濡れて、(雨水が)中まで入って来ている。よくネットオークションでトレーディングカードを頼むが、それが濡れてたら弁償してもらうぞ。それから、半分出てポストにいれていたら、新聞を取っていない家が留守だとわかるだろ。泥棒にわかるだろ。そんなこともわからんか」と切れました。申し訳ございませんと、謝りました。名前を伺いましたが、名乗られませんでした。ご報告いたします。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年01月22日

●風間旅人随想(2014/01)(2/6) - HMU 達弥西心

雨模様の朝、福岡の本社にこんなクレームの電話をいただいた。申し訳ない。電話を受けたスタッフから私へ携帯電話の報告メールが入った。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2014年01月21日

●風間旅人随想(2014/01)(1/6) - HMU 達弥西心

この『うれしい新聞』を、新聞折り込み日の二日前の早朝に、スタッフたちが地元の田布施に歩いて一軒一軒宅配している。全国紙新聞を購読していない方や折り込みを見落としてしまう方を想定して配っているのだ。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心