2013年10月

2013年10月23日

●風間旅人随想(2013/10)(7/7) - HMU 達弥西心

私は経営に命を懸けている。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月22日

●風間旅人随想(2013/10)(6/7) - HMU 達弥西心

ふと思った。ああこの人たちは私のことを、私が思っていることを、よく知らないのだ。私がこんなに考え抜いて経営をやっていることを知らないから誤解するのだと思った。悲しむことはない。私は死ぬまで姿勢を変えることはないのだから。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月21日

●風間旅人随想(2013/10)(5/7) - HMU 達弥西心

だけど、しょっちゅう誤解される。思いもかけないことになってしまうことがある。ぶつけられる誤解をくぐり抜けるのも、私の重要な仕事だったりする。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月20日

●風間旅人随想(2013/10)(4/7) - HMU 達弥西心

こころを澄まして、一生懸命に考えて、自分に問うて、問うて、問いきって、たった一つの答えを出してきた。経営とはそういうものだと心得ている。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月19日

●風間旅人随想(2013/10)(3/7) - HMU 達弥西心

米作り。採算が取れるとか取れないとか、どうでもいいけど、日本人の主食はごはんだ。当社でも食の店を開いている。当店で出すメニューにお米をつかう。つかうお米は地元で、自分たちで育てたほうがいいだろう。ただそれだけのこと。採算が取れるか取れないか。人件費分が、採算が取れない。だけど、自分たちで米を作り続ける。文句はないだろう?


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月18日

●風間旅人随想(2013/10)(2/7) - HMU 達弥西心

地元に伝わる旧い盆踊りを復活させて毎年お盆に開催している。なぜそんなことを?と地元の人からも聞かれる。浴衣を着る日が一年に一回はあってもいいだろう。太鼓をたたく音がこころを揺さぶるだろう。ハレの日を迎える庶民の伝統というものが遺ってもいいだろう。今年亡くなった人たちを弔うのもいいだろう。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2013年10月17日

●風間旅人随想(2013/10)(1/7) - HMU 達弥西心

田布施にベトナム料理の店をオープンする。喫茶「望」だ。なぜベトナム?と聞かれる。直感的に、伸びる国だから、である。発展してほしい。「希望」を応援したい。ベトナム料理のシェフに習ってきた。いい人たちに出会った。


oitokuyo at 09:59|PermalinkHMU 達弥西心