2012年01月

2012年01月21日

●風間旅人随想(2012/01)

こんなつらい目にあっても、か。そう、そんなつらい目にあっても、笑って生きていればよい。どんなときも「うれしいこと」だけを選択していけばよい。
(西)


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2012年01月20日

●風間旅人随想(2012/01)

意思するということは、目指すべき目的があるということである。たった一つの目的があるのである。その目的は何か。自分に問えば、自分が答えてくれる。目的があり、その目的に向かって意思しているということは、つねに基準があるということである。私は、その基準を「天意基準」とし、「自分で決める」そのことを「人生経営」と呼ぶことにする。そんな商人を目指している。人生はそんなに複雑ではない。ただ笑って生きていればよい。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2012年01月19日

●風間旅人随想(2012/01)

宇宙が意思している、ということは、すべての人は意思すべきであり、意思することで存在できるのである。動物や植物、モノやお金も意思すべきなのである。みんな意思しているべきである。宇宙に存在するならば意思しなければならない。つまり、それぞれは自分で決めなければならない。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2012年01月18日

●風間旅人随想(2012/01)

宇宙でのものごとは、たった一つに集約される。結局すべてものは、たった一つそのものである。そのたった一つになる(一体化する=融合することではない)ことが「成る」ということである。成れば恍惚感。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2012年01月17日

●風間旅人随想(2012/01)

宇宙は限りなく広いのであるから、「限りがない」のである。限りがあるモノの世界に生きている私たちには、限りある脳で考えても「限りがないこと」がどうしても理解できない。悟入するしかない。宇宙の端っこは、あっちの方でありこっちの方でもある。そのあっちとこっちは全部つながっている。すなわち、回っている。孫悟空の話のお釈迦様の手のひらと同じこと。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2012年01月16日

●風間旅人随想(2012/01)

宇宙は生きている、と納得するのは難しい。けど、なんとしても納得する。私たちは宇宙に生きているのだから。
 ̄宙は、限りなく広い
宇宙は、たった一つである
1宙は、意思している


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心