2009年08月25日

●「自立」というテーマ - HMU 達弥西心

私は、「未来の夢」の手に入れ方にはおおいに興味を持っている。未来は実際になんとかできるからだ。

反対に、過去のことはよく憶えているが、「過去の写真」にはあまり興味がない。過去はどうやったって、実際になんともできないからだ。

達弥西心の興味はどこにあるかと考えてみた。

人生というもの、経営というもの、事業というもの、興味がある。自分でなんとかしていくもの、なんとかできるものに興味があるのだと思う。つまり、「自立」が、達弥西心のテーマである。

反対に、宗教というもの、政治というもの、お金というものは、回りくどくて私は興味がない。自分でなんとかしていくことも、なんとかできることもなさそうだ。信仰するのはよいが、信者が自分で人生を決められない、すがる、頼る、そんな宗教。総理大臣が、議員が思った通りに動けない、動かせない、もたつくそんな政治。高速道路料金の値下げによって大型フェリー客が激減しているのをどうすればよいか。政治は権力闘争なの? そして、自分で働かないでお金がお金を生むマネーゲーム、そんなお金には私はまったく興味がない。「自立」というテーマのかけらもないからだ。

「利益」というものは、いわゆるお金の領域ではなく、私には経営や事業の領域である。

ちょっと、きちんと意見を言ってみた。

達弥西心


oitokuyo at 10:00│ HMU 達弥西心