2009年07月30日

●からだを鍛える - HMU 達弥西心

(続き)そして五番目として、『からだを鍛えろ』と言っていますね。鍛える、のは何のためかというと、維持するためでしょう。体力を維持するためだと思いますね。

不況になってくると、不況というか、モノが売れない時期になると、何が資本か、というと、やっぱりからだなんです。健康が資本ですから、からだを維持するための、なんか毎日決まったことをやった方がいい。からだを動かすとかね、やっていった方がいいということです。

で、歩く、っていうんだけれども、歩くのも、大きな公園が住んでいる近くにありますから、「歩こうかな」と思うんだけれども、歩くたびに足が痛くなるんですね。なんか知らないけど(笑)。がんばって歩こうとするといつもです。

冬になると「歩こう」と思って準備するんですけどね。ほんとにね、歩いていて、妙なんですが、その公園の池の周りを、みんな右回りするのをですね、私だけ左回りするんですね。えーっと待てよ、えー、左回りだ。みんな左回りするのを、私だけ右回りするんですよ。そう自分に言われるから。だからすべての人に出会うんだよね(笑)。「おはようございます。おはようございます…」って言いながら、けっこう挨拶のほうが忙しいウォーキングを毎朝やっていたんです。

ところが足が痛くなる、「奇妙だな」と思ったんですけど、要するに「やるな」っていうことだったんだと思いますが。足が、もう痛くなって、動かなくなってきて、何度かやり始めては挫折していたんです。だけど、『からだを鍛えろ』って言っていますからねぇ。

でも、出張の時だけはけっこう歩くんですよね。ホテルまでとかホテルからとかずっと歩きますから、結構、何万歩かにはなるんですけれどね。足はまったく痛くならない。はい、まあ、というわけで、わざわざ歩くのは違うのでしょうが、なにか、からだを鍛える、ということです。

ここで話は終わりかけてまだ続くんですが、いいですか?あの、なんて言うんですか?スポーツジム?スポーツジムじゃない、プール、プール。プールに行くんですけど。行くんですけど、行くことになっているんですけどね、行っていないんですね(笑)。ずーっと、もう何年も会員でいて、毎月会費は通帳から落ちていますね。「やめましょうよ」って自分に言うんです。いつもあの、事務所に帰る途中に必ず見えるところの道路沿いですからね、あの、プールも見えるんですよ。「ここだよね」って思いながら、「会費、毎月落ちているよね」って思いながら。で、「もう、行けないからやめよう」って言うんですけれどもね、「やめない」って言うんです。たぶん、プールの水の中を歩くことによってからだを鍛えさせたいんだと思いますね、そのうちにね。はい。『からだを鍛える』ということですね。長い説明になりました。(続く)

達弥西心


oitokuyo at 10:00│ HMU 達弥西心