2009年07月24日

●0ぽっちのすすめ - HMU 達弥西心

唐突だが、今年の初め2009年2月1日11:00〜の私の講演『0ぽっちのすすめ』を再現してみよう。

はい、皆さん、おはようございます。2月です。まもなく新しい年に変わって行きますけれども、すでに時流鑑定講演会で全国を回ってお伝えしましたけれども、今年は先が見えないというか、思いがけないことに遭遇する一年、ということです。

さあ、これをどうやって乗り切るか、ということが課題であってですね、時流はもうそうなるということは確定(そう、確定)ですから、そうならないように祈ったって、そうなって行きますので。

今年の時流のだいたいイメージとしては、モヤがかかっているというか、霧に囲まれているというか、包まれているという状態の中で歩いて行くとしたら、もう目の前の、というか、目の下のですね、足元をしっかりと。見えるところは足元しかありませんので、足元をしっかりと一歩一歩進めて行く、ということになります。それが今年の生き方のコツだということです。

ですから今年は、先を見通してそれに向かってというのが難しいですから、自分のことをしっかりとですね、そう、見つめるのです。そうすると、その一番の中心である一歩一歩の元となることは、『自分にたずねること』。このことだと思いますね。

ですから周りを見てですね、どうのこうのというのが、もうまったく通用しないし、周りを見れば見るほど、自分が巻き込まれてしまう、落ち込んでしまう、という、そういうイメージだというふうに理解してください。

「これはチャンスだ」と捉えるには、「自分と会話することが必要で、会話する方法を私たちは知っているから、それを磨いていこう」というふうに切り替えること。切り替われば、とても素晴らしい一年になってくると思います。(続く)

達弥西心

oitokuyo at 10:00│ HMU 達弥西心