2017年03月14日

●風間旅人随想(2017/03)(1/12) - HMU 達弥西心

本部スタッフとしてこれだけは外してはいけないということがありましたら教えてください。時々尋ねられます。


oitokuyo at 11:03|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月24日

●風間旅人随想(2017/02)(8/8) - HMU 達弥西心

商人を徹底して極めてみると生き方の修行ができます。悪徳商人はいけませんが、「この人は本当に立派な商人だった」と言われるような生涯が送れると、その人は本当に立派に生きたんだろうなと思いますね。商人のキーワードは「悲しみ」かもしれません。私は、気高き商人、偉大なる商人を目指します。
(西)


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月23日

●風間旅人随想(2017/02)(7/8) - HMU 達弥西心

例の真言宗のお坊さんと付き合っていた頃に、そのお坊さんはポロポロとおもしろい話をしてくれていたのですが、そのお坊さんが話す話の中に托鉢の話がありました。お金を入れてもらうために街頭にずっと立ったままいるのですが、稲盛和夫さんもやったと言っていますが、それは、それはとっても虚しいものだそうです。「だけどそれが一日2千円でも入ったら大変なんだよ」と言うのです。「どうしてですか?」と尋ねると、「夜、眠れないんだ」と言っていました。野宿をするのに2千円を盗られちゃいけないと思うそうです。何も入らないときは仰向けになって空を見ながら眠れるそうです。「2千円でも入ると、からだにしっかりと身に巻き付けて寝ていた」と言っていました。これがお金の魔力と付き合う商人の修行というものかなと思います。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月22日

●風間旅人随想(2017/02)(6/8) - HMU 達弥西心

どのようにしたら生きていけるかという、生きる術は商人を通じて教えられることが多いです。商人の役割のたったひとつは「お客の悲しみを埋めてあげること」です。お客さん以上の悲しみを自分の中に持ちながら、笑顔でお客さんの悲しみを埋めて差しあげること、これが商人だと私は思っています。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月21日

●風間旅人随想(2017/02)(5/8) - HMU 達弥西心

ユダヤさんたち、ユダヤ商人を見ているとそう思いますね。よくここまで耐えて、我慢をして、「ただ神のために」と言ってよくやっていると思います。すごい修行なのでしょう。訓練なのだろうと思います。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月20日

●風間旅人随想(2017/02)(4/8) - HMU 達弥西心

武士がなかなか商人になれなかったのはわからなくもありません。人に頭を下げたくない(下げたことのない)武士は絶対に商人にはなれないと思います。神さまは、神に仕える修行をさせるために「商人」というものをつくったのではないかと思います。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月19日

●風間旅人随想(2017/02)(3/8) - HMU 達弥西心

私は不動産の仕事をしたのがよかったと思います。売り手と買い手がそれぞれに身勝手なことを言ってきます。時々筋の通らないことを言ってくる。売り手と買い手は動機がたいてい欲なのです。そこを、頭を下げて片付ける。利害が対立する双方がちょうど手を打つところで片付けなければなりません。これを長年やってきたのがよかったのかなと思います。鍛えられました。


oitokuyo at 08:01|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月18日

●風間旅人随想(2017/02)(2/8) - HMU 達弥西心

しかし肝心なことは、そうやってしてさしあげる商人こそが一番悲しいのだということです。商人はそんな悲しい修行をしているのだということです。私はいつもそう思っています。商人は、立ち位置としては一番下にいて、お金が落ちてくるのを手で受けるのですが、理不尽なことがしょっちゅう起こります。ここが頭を下げるところかよ!というときでも「申し訳ございません」と下げなければなりません。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月17日

●風間旅人随想(2017/02)(1/8) - HMU 達弥西心

私は、商人というのは…、そう、相手の悲しみを埋めてさしあげるのが商人だと思っています。お金を差し出す人(お客)には抱えているなんらかの悲しみがあって、自分が支払うお金によってその悲しみを埋めたい、埋めてほしいのです。商人はその悲しみを埋めていかなければならない。それが仕事です。


oitokuyo at 08:02|PermalinkHMU 達弥西心 

2017年02月02日

●風間旅人随想(2017/01)(18/18) - HMU 達弥西心

20年前にこういうことがありました。これは大きな勉強代だったと思います。「ああそうだよね。そこだよね」ということです。ですから、とことん行ってみると「かえってよかった」となるのですけれども、その途中では真逆のことが起こってきます。このまま行くか、残るかは、その都度ちゃんと自分に聞いてください。以来、私はしっかりと自分に尋ねながら経営をしています。
(西)


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心