2009年07月14日

●生きていくことは悲しいことだから - HMU 達弥西心

生れてきたのだから、生きていくのだ。
人生には「たった一つの目的」というものがある。
生きているうちにと「たった一つの目的に」向かってまっしぐら。道草食ってる暇はない。
それにしても生きていくことは悲しいことだ。悲しみの正体は矛盾だ。いずれは消えるモノとして生きる人間は悲しい。それが何か? 哲学したって悲しいものは悲しい。
矛盾は呑みこむのがいい。ずっと後ろの遠くから眺めるのがいい。宇宙に生きるのだから。

自分宇宙の創造主である自分は自分宇宙で起こる問題は自分で片付けることだ。
自分で決める自分で生きる。経営者の基本姿勢。事業経営、人生経営、同じこと。
なんでも自分で決めて自分で生きていく。真のひとり歩きへの第一歩。人に頼らない。

その人の悲しみはどこにあるか。その人の悲しみをわかってあげて、その悲しみを埋めてあげることが、人としての優しさであり、成功するつきあい方である。
ていねいに生きることだ。ていねいに極めることだ。

達弥西心


oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月13日

●自分で決められなかったことがきっかけ - HMU 達弥西心

私が「見えないものを見ていく方法」にたどり着いたいきさつを話そう。

29歳の夏、私は自分で事業を始めた。なりたかったわけではないが、消去法で決めて事業経営者になった。なってしまった。

社長になって経営に携わるのだが、私は経営のことがまったくわかっていなかった。
自分で驚いた。それまで勤めていた販売会社では取締役支店長をやっていたにもかかわらず、経営というものがさっぱりわかっていなかった。支店では30名のくらいの社員を率いていたから、自分が経営者になったからといって、そんなに変わりはしないだろうとタカをくくっていたところもあった。

実際に始めてみると、お客は来ない、電話もかかって来ない、どうやって売ったらよいかわからない、広告を打てばよいのかもしれないが反響がなかったらどうしよう、お金はどんどん出ていく・・・。

そんな時、ひとりの男性が訪ねてきた。初めての来客だ。お客だ!と喜んだが、コピー機の営業マンだった。

コピー機はどうしても必要だった。買おうと思ったが、買おうと言えない自分がいた。月々わずかの支払いでとクロージングをかけられるが、どうしても決められないのだ。払えるかどうかがわからなかったからだ。月々1万円程度の支払いの決裁ができない。いままで数千万円の買い物も一発で決裁していたのに、決裁ができないのだ。

「すみません、一週間考えさせてください」と願って同い年くらいの営業マン氏には帰ってもらった。「わかりました、では一週間後に」と、営業マン氏はニヤリと笑って立ち上がった。

このニヤリが達弥西心の原点だ。

なぜ買えない。なぜ決められない。

「経営とは自分で決めることだ」と思い知らされた場面だ。

いままで自分で決めていたのに、という思いは、そうだ私のうしろに社長がいてくれたからだ、社長が最終決裁をしてくれるという安心があったから決めることができたのだ、社長が決めてくれていたのだという気づきに至る。社長(経営者)とは自分のことを自分で決めることのできる人なのだと気がついた。だが遅かった。私は自分で決められないのに経営者になってしまった。

こんなことも決められない私は経営者として不適格だ、と悩んだ。悩んだが決められない。悩んでも決められない。

ふと、会社経営者(事業経営者)としてこれから先やっていけるだろうか、待てよ、会社経営者(事業経営者)の前に、人生経営者としてはどうだろう、と思った。私の人生のことを自分で決めて自分で生きてきただろうか、と思ったのだ。人生経営、Human life Managementはどうだろう、と思うと、これこそさっぱり自信がない。

「人生経営」は私の人生のどこかで取り組まなければならない課題になると予感した。人生経営大学、Human life Management University、HMUの源流が流れだした瞬間だ。もう30年も前のこと。

さる営業マン氏は憎らしいことにちょうど1週間目にやってきた。まだ迷っていた私だが、もうあのニヤリは勘弁してほしいなと、意地で!コピー機導入を決めた。
経営者は、事業経営者(社長)であっても人生経営者(あなたも私も誰もかれも)であっても、自分で決める、最終決裁のハンコは自分で押すのだ。

私が生き方提案をすることになったきっかけは、自分で決められなかったことだ。自分のことは自分で決める以外にないのだから、そのやり方を必要な人に余すことなく伝えていくことにしたのだ。

自分で決める自分で生きる、自分自身に尋ねる(自分と会話する)、見えないものを見ていく、宇宙の法則に沿って生きていく、こころを進化させていく、真のひとり歩き等々。みんな大事なこと。人生の経営に外せないことばかり。事業経営者である前に人生経営者でなければならないと思う。HMUの原点、達弥西心の原点。

達弥西心

oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月12日

●時流を読み砕くという仕事 - HMU 達弥西心

私の仕事は「目には見えないがたしかにあるもの」を見えるようにしてわかりやすく伝えることだ。宇宙気学というもの、宇宙の法則というもの、原因と結果の法則というもの、自分自身と会話する方法というもの。それらを使って、今年の時流を鑑定し、読み砕く、わかりやすく伝えている。真のひとり歩きに向かっていくために、「自分で決める、自分で生きる」「自分と話ができる!」「ひとり歩きのススメ」「喜んで生きる実践学」などを教えている。見えないものを見ていく方法がある。


達弥西心

oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月11日

●これから起こるであろう時流を読み砕くと (今後表面化するであろう時流現象) - HMU 達弥西心

「思いがけないことに遭遇する」今年の時流鑑定小冊子から抜粋してこんなアドバイスはどうだろう。いまだ事件としては表面化していないが、今後時流の中盤、後半にかけてきっと起こるであろう事件や出来事だ。

・偽物をつかまされる可能性の高い年。
・ものごとを見極める力が弱まる年なので、世の中の動きが読みにくくなる。
・情にほだされて…という失敗をしやすい年ゆえに、それを避けるためには、どのような意図をもって近づいてきているのかを観察すること。
・もうけ話でだまされるという事件が多発する。

達弥西心

oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月10日

●今年の流行から時流を読み砕くと (今年の流行) - HMU 達弥西心

「思いがけないことに遭遇する」今年の時流鑑定小冊子から抜粋してこんなアドバイスはどうだろう。事件には関係ないが、流行に関連する時流だ。

・外見を整えていくように心掛ける。
・自分らしさにこだわるようになるので、自分らしさを演出できるものが人気となる。
・珍しいものが話題になり取り上げられるようになるが、すぐに忘れられてしまう。
・生産者から直接買う方法が人気を得る。

商人はさっそく手を打ってはどうだろう。


達弥西心

oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月09日

●今年の事件から時流を読み砕くと その3(国際問題、地球環境の問題) - HMU 達弥西心

三つ目に、「思いがけないことに遭遇する」今年の時流鑑定小冊子から抜粋してこんなアドバイスはどうだろう。国際問題、地球環境の問題に関連する時流だ。

・自分の問題として引き受けたくないので、責任を他人に押しつけようと画策しているのが目につく。
・身のまわりで起こっている事柄が、互いに関連し合っているようには見えないので、先のことが読めないような気になる。
・先のことが心配だという言葉をたくさん耳にするだろうが、「今年の時流ゆえ」と言い聞かせて、そういうムードに引き込まれないこと。
・資金繰りを見直して変更することになるが、見直しの際世間のムードに影響されてしまうので、5月、8月、10月と3回見直すことをすすめる。
・半年以上先のことについてのアドバイスが意味をなさないことがある。
・人員を増やしたほうがよいと思えても、今年は今いる人員で乗り切ることをすすめる。
・「何が起こるかわからない」という思いが強くなって、相談事に応じるのが怖くなる。

これらの時流のアドバイスには、中東で原子力発電計画が次々に本格化、新型インフルエンザ流行、出産率3年連続上昇などが該当する。
エネルギー資源をどう選択するか、地球環境というより地球そのものを維持していくために地球上の国々はどう連携を取るのか。人口減や少子化は天のシナリオなのか。
天然エネルギーから宇宙的エネルギーへ、機械化から電子化へ、地球化から宇宙化への流れは、団塊の世代が去っていくことの象徴的事象なのか。地球上の人口は今の人口の「3分の1」が妥当なのか。これからのこの世に生まれてくる子どもたちは特別な使命を持った子どもたちなのか。


達弥西心

oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月08日

●今年の事件から時流を読み砕くと その2(経済情勢の問題) - HMU 達弥西心

つぎに、「思いがけないことに遭遇する」今年の時流鑑定小冊子から抜粋してこんなアドバイスはどうだろう。経済情勢の問題に関連する時流だ。

・先のことが心配だという言葉をたくさん耳にするだろうが、「今年の時流ゆえ」と言い聞かせて、そういうムードに引き込まれないこと。
・資金繰りを見直して変更することになるが、見直しの際世間のムードに影響されてしまうので、5月、8月、10月と3回見直すことをすすめる。
・半年以上先のことについてのアドバイスが意味をなさないことがある。
・人員を増やしたほうがよいと思えても、今年は今いる人員で乗り切ることをすすめる。
・「何が起こるかわからない」という思いが強くなって、相談事に応じるのが怖くなる。

これらの時流のアドバイスには、オバマ大統領によるGM国有化問題、トヨタハイブリッドカーで増産体制、北朝鮮は後継問題で内輪もめなどが該当する。「リストラを経て復活上昇」という時流に乗れたか乗れなかったか。

経済情勢への対応はトップリーダーがどう判断するかによる。経済情勢の問題は「トップリーダーの手順の選択」によって結果は大きく違う。


達弥西心


oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月07日

●今年の事件から時流を読み砕くと(人間関係の問題) - HMU 達弥西心

「思いがけないことに遭遇する」今年の時流鑑定小冊子から抜粋してこんなアドバイスはどうだろう。人間関係の問題に関連する時流だ。

・行動に移す前によく考える。
・「自分では決めない人」との付き合いはほどほどにする。
・相手を思いやる気持ちが道をひらく。
・食事や睡眠に気を配ることも大事だが、体の気を整えることを心掛ける。
・考えや意見を出しやすい環境づくりを心掛ける。
・自分の問題として引き受けたくないので、責任を他人に押しつけようと画策しているのが目につく.
・身のまわりで起こっている事柄が、互いに関連し合っているようには見えないので、先のことが読めないような気になる。
・起こる事件は「人のこころがあるのか?」「神仏はいるのか?」と怒鳴りたくなるような内容のものばかりだと思うことが多い年。
・人のいのちを大切にする気持ちがあれば、判断を誤ることはないだろう。
・思いもかけないところで足元をすくわれる原因となるので、競争心をあおるような言動は慎もう。
・無意識の行動、たとえば、考えてもいないことをしゃべっているというような自分の行動に戸惑うことがある。
・見栄を張らないで「あるがまま」で勝負することが好まれる。
・人間関係の狭い人は、今年は決まった人に相談するのではなく、相手をかえてみることをすすめる。
・周囲の人に隠している異性との付き合いは、関係を解消したくなっても解消しにくい年。
・自分自身を飾ってよく見せようとする試みがむなしく思えるようになる。
・自分の都合と一致すれば、何でもやりたいと自己主張したくなる。
・「何が起こるかわからない」という思いが強くなって、相談事に応じるのが怖くなる。

これらの時流のアドバイスには、中央大学理工学部教授刺殺事件やSMAP草なぎ事件、あるいはマイケル・ジャクソン急死事件が該当する。

人間関係の問題の原因は「目に見えるところには無い」から複雑怪奇にみえるが、「原因は目に見えないところにある」と判れば合点がいく。


達弥西心


oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月06日

●思いがけないことってどんなこと? - HMU 達弥西心

思いがけないことに遭遇する、というその思いがけないこととは、いったいどんなこと?

 屮◆アブナイ!」と言われて

△瓩泙阿襪靴変化はします

嫉妬の感情をコントロールできないと・・・(いいことは成る、いけないことは成らない)

ず拠のない信頼は落とし穴に変化

こんな思いがけないことに遭遇するということ。

なので、目標設定のとき定める「基準」(たった一つの目的)があらためて重要だと思い知ることになる。

これが、今年の時流を時流鑑定小冊子から読み砕いた内容だ。

達弥西心


oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2009年07月05日

●「ていねい」に生きるってどんなこと? - HMU 達弥西心

ていねいに生きるってどんなこと?小さなプラス(良いこと)をコツコツと積み上げる、積み重ねるってどうすればいいの?

先月は、この『今年の時流を読み砕くセミナー』(9会場)のほかに、月例講演『学校で教えない「金銭感覚」をどう身につけるか』(4会場)を講演してまわった。

その金銭感覚の話の中にこんな話がある。

お金はお札ではなく小銭のほうが大活躍するように遣う。特に一円玉が出たり入ったりするように遣う。支払はまず小銭から、しかも一円玉から順に遣っていく。みみっちいと思われているんじゃないだろうかなどと余計なことを考えなくても、間違いなく思われているから開き直って遣う。私も、宿泊したあるホテルで小銭から順に取り出して支払い、受け取った領収書をきちんと耳を揃えて折りたたんでいたら、従業員から言われた。「まあ、几帳面なんですねぇ。・・・男のくせに。」気にしない。せめて、「・・・男の人なのに。」とでも言ってくれると、と思ったけど、気にしない。実は充分に気にしている。それでもやる。貫く。ていねいに生きるのだ。

なぜか。お金は遣われるために存在するからだ。一番機会多く遣われなければならないのが一円玉、次に五円玉、そして十円、五十円、百円、五百円という順になる。小遣いと呼ばれるゆえんはそこにある。押し遣るように遣う。小銭は出たり入ったり動いているとき生き生きとはたらく。おつりとして使われるときだけ手渡されて、結果邪魔者扱いされて、大きなガラスの瓶なんかに放り込まれた小銭たちは動きたくても動けない、はたらくチャンスを奪われてつらい思いをしている。

小銭は小銭入れに、お札は札入れに、わけて持ち歩く。小銭入れだけで案外用が足せることに驚く。

小銭入れの中の小銭は毎晩洗い銭をする。竹の浅いざるに小銭を全部移して、きれいな水でしゃらしゃらと洗う。つけてきた余計な人の思いを流してやる。洗ったあとは広げたガーゼのハンカチのうえに左から五百円玉から順に並べていく。一晩かけてゆっくりと乾かす。

朝になると乾いた小銭を順に小銭入れに収めていく。これで、小銭入れの中に小銭の種類と枚数がアタマに入る。買い物をしながら、小銭の小さいほうから順に支払う場面が描ける。小銭たちは喜び勇んではたらきに出かけていく。よろこんで遣われていくのだ。

お札は、低温でのアイロンがけだ。ていねいにしわを伸ばしてやる。札入れには額面の小さい順に天地表裏を揃えてきちんと納める。小銭で足りないときだけお札を遣う。先にお札のほうから出して小銭のおつりをもらうことを極力さける。

これが、ていねいに生きる金銭感覚だ。

もう一つ、私が実践している習慣がある。ていねいに生きる実践その2だ。

朝起きるとまず玄関の床を雑巾でていねいに水拭きすること。靴を広げた新聞紙のうえに上げて、タイルの床をしゃがんで手で横拭きしてそのあと縦拭きする。床が乾いてから靴を下ろす。ほんのわずかな時間だが、「ていねいに生きるといい」という今年の時流を実感することができる。起き出して実践を忘れていても、出かけるときに靴を履く瞬間に必ず思い出す。そこで「今日はまあいいか」と流さずに、早速拭き掃除に取り掛かる。

「ていねい」に生きる、とはそんなこと。小さなプラスを積み重ねること。

達弥西心


oitokuyo at 10:00|PermalinkHMU 達弥西心