2018年06月18日

●風間旅人随想(2018/06)(8/18) - HMU 達弥西心

今、少子化担当大臣がどうのこうのと言っていますが、どうやって増やすの?と思いますね。「子どもを産め」と言われても、「そんなのは余計なこと」とみんな言います。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月17日

●風間旅人随想(2018/06)(7/18) - HMU 達弥西心

よく、「盛り上げる」というのがありますが、盛り上げるためにはかき集めなければなりません。それで盛り上げるのですね。かき集められなければ盛り上がりません。人がいないと、人をかき集められなければ、盛り上がらないのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月16日

●風間旅人随想(2018/06)(6/18) - HMU 達弥西心

そんなことを思いながら、市長は政治をどういうふうにやっているのかなと思いました。人口は増えるわけがありません。徳山市だけで10年間変わらなかったのですから。住む理由が無いのです。人口は下がりもしなかったのですが、変わらなかったのです。ということは周辺のところがぐっと下がっているということです。17万人を目指していたけど、15万人を切ったということです。この市長、不動産についての見識というか常識がまったくありません。これは絶対に成らないということがわかります。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月15日

●風間旅人随想(2018/06)(5/18) - HMU 達弥西心

目指すのはいいです。でも、絶対にそれはないよねと私は思いました、バブルのまっただ中でさえ増えなかったのですから。人口を増やすために合併するのか、少子化が進んでいるこの時勢に、さっぱりわかりません。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月14日

●風間旅人随想(2018/06)(4/18) - HMU 達弥西心

今朝テレビを見ていたら、その周南市、徳山市周辺の市町が合併して周南市になったのですが、人口が15万人を切ったとありました。「合併して周南市になって初めて15万人を切りました」ということがニュースになっていたのです。昨年から8千人くらい減ったということでした。もちろん、自然に亡くなる人もいますし、引っ越しをした人もいます。入る人が少なかったということで15万人を切った。「17万人になることを目指したのに」、と市長が言うのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月13日

●風間旅人随想(2018/06)(3/18) - HMU 達弥西心

私がバブル期に「不動産はダメだな」と思った理由は、どんどんマンションが増え始めて、マンションが増えるということはそれを買う人が来るから人口が増えなければならないのですが、市の人口はピタッと変わりませんでした。ですから、例えば東京とか横浜、大阪、神戸あたりの物件を売ってこちらに買い替えるという人が多かったということです。物件は出てくるのですが、オーナーがそこに住むことはなく、近くのアパートに住んでいる人が住み替わるだけで、人口が増えていなかったのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月12日

●風間旅人随想(2018/06)(2/18) - HMU 達弥西心

昔徳山市で不動産業を営んでいた私は、当時毎月1日に市役所に行って、先月末の時点の人口が何人だったか、市役所の玄関を入ったところにあるボードの数字をずっと記録していました。驚くことに10年間まったく変わりません。ほとんど10万人でした。バブルのとき、マンションが次々に建っていたころもまったくと言ってよいほど増えていません。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年06月11日

●風間旅人随想(2018/06)(1/18) - HMU 達弥西心

どこかで話をしたのですが、徳山という街があります。今は近辺を合併して周南市になっていますが、今は人口15万人くらいですか。


oitokuyo at 08:00|Permalink

2018年05月18日

●風間旅人随想(2018/05)(7/7) - HMU 達弥西心

出前は30分以内だね。でも「30分以内で行きます」と言うところは、今はあまりありません。30分以内で届けるサービスをする出前屋さんを作ったら私は繁昌すると思います。「すぐに行きます」という店。ピザは「30分を超えたらお金はいりません」というサービスをやっていたことがありますが、今は言わなくなりましたね。くたびれたのかな?
(西)


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心 

2018年05月17日

●風間旅人随想(2018/05)(6/7) - HMU 達弥西心

それで、お客さまへのサービスは3時間と言っています。3時間以内に片付けるということです。これは時間はいくらでもいいですよ。自分で決めてください。「5分以内」とするのはよいですが、できっこありませんから。経験上2時間というのがよいのですが、2時間以内というのはお客さまの方はちょうどよい時間でしょうけれども、対応する方がちょっと無理なときがありますので、3時間ということを決めました。意味はそういうことです。ものさし、目盛りを作るために3時間以内と決めているということです。


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心