2018年04月12日

●風間旅人随想(2018/04)(3/16) - HMU 達弥西心

意識を上げるという言葉は知っていますが、どうやって上げたらよいのかわかりません。「考え方、念い方が立派になっていくにはどうしたらいいですか?」という話ですからね。上がっていないものを今から上げるというのは難しい話です。


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心 

2018年04月11日

●風間旅人随想(2018/04)(2/16) - HMU 達弥西心

とっても簡単な質問です。とてもシンプルな質問ですが、答えるのは非常に難しい。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年04月10日

●風間旅人随想(2018/04)(1/16) - HMU 達弥西心

意識を上げるためには、どうしたら良いですか?と質問を受ける。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月28日

●風間旅人随想(2018/03)(16/16) - HMU 達弥西心

そういうことです。ですから後継の問題は、先代がやってきたこと、先代そのものの心の中に入って、10年間はとにかく真似をすること。まったく同じことをやっていくという感じがいいと思います。あるいは、その人がやるなら横に付いていてやって、10年間は横で一緒に走って10年後にスッと離してやるということかな。それしかないような気が、最近はしています。
(西)


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月27日

●風間旅人随想(2018/03)(15/16) - HMU 達弥西心

その人はやって来ました。それで地区長をさせたということがありますけれども、やっぱり私がその人の中に入ってみると、今までずっと言うことを聞いていた人、動くのも何でも一緒だったその人と縁を切るというのは大変だよね、と思いました。本人もそれが一番大きな悩みでした。でも、来ました。「じゃあ、やって」と言いました。あれが一つの分かれ道だったと思います。実際にさせたら何とかなるもので。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月26日

●風間旅人随想(2018/03)(14/16) - HMU 達弥西心

メッセージで「この人を起たせろ」と言う。そのためには言わなければいけません。「地区長になるつもりだったらおいで。でも地区長になるということは今まで付いて来たその人と縁を切ることになるけど、当然あまりいい関係にはならないと思うけど、よければおいで」と言って、待ちました。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月25日

●風間旅人随想(2018/03)(13/16) - HMU 達弥西心

ずいぶんむかしの話ですが、ある会員さんに言ったことがあります。地区体制が始まったばかりの頃です。「あなたに地区長をやる覚悟があれば福岡まで意思表示においで。でも、地区長になるということは今まであなたが指示を受けていたその人と縁を切ることになるけど、それでもよければおいで」と言ったのですね。来るかな、来ないかなと思っていました。そこが一番大きな問題でしたから。いつもその人は引き連れられていたのです。自分にも同じくらいの子どもを抱えているのに、その人の子どもの面倒ばかりを見ていたような感じの関係。主従関係があったのです。


oitokuyo at 08:00|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月24日

●風間旅人随想(2018/03)(12/16) - HMU 達弥西心

わかろうとするには、その人の心の中に飛び込んで自分がその人になったつもりで探ってみたらいいと思います。「この人はこういう事情だよね」「ここで出ればいいんだけど出られないよね」などと言って。


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月23日

●風間旅人随想(2018/03)(11/16) - HMU 達弥西心

私が今(当時)、密かにうれしく思っているのは、指原莉乃がセンターになってあの歌『恋するフォーチュンクッキー』が大ヒットしたということです。私はうれしいですね。なぜかというと、不祥事(なのか?)で外された人ですよね、指原莉乃って。でもファンたちは何も思っていません。外されたけどがんばっているということで「応援したい」と言って票を入れる。「果たしてこれで売れるのか?」とよく言われていて、売れたというのはとてもいいことではないかと思いますね。「がんばれば何とかなる」というのを見せたというのはいいことだと思います。運勢と努力の関係はそういうものだと思います。


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心 

2018年03月22日

●風間旅人随想(2018/03)(10/16) - HMU 達弥西心

例えば、その人になってみれば、この横にいる人が先輩で、「先輩を抜いてまで」とか、「自分は実際にこんなことにオドオドするんだ」とか、「真ん中に立つことはどうしても性格的に合わないんだ」とか、「そういうことは今までやったことがない」とか、そういうことがわかると、「この人は真ん中には立たないかな」ということがわかると思います。でも、占い師はそんなことは関係なしに言ってしまいますから。「べき」から言うと「あなたはなるべきだったよね。でもならなかったね」という感じです。


oitokuyo at 07:59|Permalink HMU 達弥西心