2016年11月18日

●風間旅人随想(2016/11)(7/7) - HMU 達弥西心

ケンカになったら、自分の思っていることだけをお互いが言い合います。言い合うだけです。だからまとまらないのです。言う前に、相手が何を言いたいのか、どう思っているのかな、と聞いてあげるとまとまりやすくなります。
(西)


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月17日

●風間旅人随想(2016/11)(6/7) - HMU 達弥西心

ということで、「人との関わりでMAO(自分と対話する方法)を生かそうとする時、はずしてはならないことは何か」というと、相手の気持ちをつかむことです。そうすると、どう言ったらいいのかがわかってきます。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月16日

●風間旅人随想(2016/11)(5/7) - HMU 達弥西心

自分が思っていることをまずは置いておいて、相手が思っていることをまず先に描くこと。そしてそれを引っ張りだすこと、まさにその通りです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月15日

●風間旅人随想(2016/11)(4/7) - HMU 達弥西心

いま私が伝えられること、人間関係だったら何だろう?と思ったら相手のオモイを聞くことです。相手のオモイを描くこと。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月14日

●風間旅人随想(2016/11)(3/7) - HMU 達弥西心

ですから、MAO(自分と対話する方法)で何を聞かなければいけないかというと、外してはならないことは、相手はどう思っているのかなということです。これを相手が思っていることを探ることに使ったらいいのです。そして、「この人はこう思っているのだから、自分はこう言う」というふうにならないといけません。相手の思いを先に聞くことです。探ることです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月13日

●風間旅人随想(2016/11)(2/7) - HMU 達弥西心

人間関係というのはもちろん自分が思っていることを伝えることであるし、相手が言うことを聞くことでもあるのですが、何かを伝えることというか、自分がポンと言うことはできたとしても、それだけでは人間関係は成り立ちません。自分が思っていることを言わなくても向こうが何を思っているのかがつかめると、人間関係は成り立ちます。ここは重要です。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年11月12日

●風間旅人随想(2016/11)(1/7) - HMU 達弥西心

人間関係で外せないものとは何か、何を訓練しておかなければいけないかというと、これは、相手がどう思っているかをつかむことです。これをレッスンしておかなければなりません。


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年10月22日

●風間旅人随想(2016/10)(9/9) - HMU 達弥西心

コツですか…。私の体験からすると、良い思いをして良い現実になるということを何度か体験すると、「良い思いだけを思ったらいいな」と思うようになります。それを途中で放ってしまうと、フッと悪い思いをしてしまいます。「今からこうなるぞ」と言われたことが「成らなかったらどうしよう」と悪いことを思ってしまう。でも、「良いことしか起こらない」ということが自分の中でわかってくると、何度も体験しているうちに良いことしか描けなくなってきます。そういうことです。それと、良いことだけをつぶやくことです。良い思いだけをつぶやくことが大事です。念い方が運命を変えるのです。
(西)


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年10月21日

●風間旅人随想(2016/10)(8/9) - HMU 達弥西心

こんな質問をもらいました。「思った通りの現実にはなったのですが、良い思いを描きつづける事が難しいと感じています。良い思いを描きつづけるコツなどありましたら教えてください」。


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年10月20日

●風間旅人随想(2016/10)(7/9) - HMU 達弥西心

これを読んだときに浮かんだのが、自宅の裏山に自生している榊のことでした。この榊は摘んで置いていても確かに長くもつのです。ということは、もしかしたら手に入ったあの山の土地にも榊があるんじゃないかな、と思って専門家に見てもらうと、ありました。先ほど言った理由によって榊は榊の木に、いえ榊の樹になって背は高くなっているのですが、ありました。日の光を求めてずっと高くなっていました。それで、この木の枝を採取してそれを挿し木にして、あの一帯を榊の畑にしたらいいかなと思いつきました。私も、枯れない日本の榊を栽培しようと思ったのです。そのための土地だということがわかりました。ただ木の背が高いですから、地面に挿し木をしてそこで摘めるようにしようということで、とりあえずは高くなった榊にはしごをかけて採ってそれを出荷することにしました。そのうちに挿し木をした方が伸びてきますから。このためのこの土地なのだ、ということです。土地が手に入ったもののどうしていいかわからない。でも、最後にはそうなります。「このためなんだ」と思えば、思い切れば、もっといえば思いを変えれば成っていくということです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心