2018年04月23日

●風間旅人随想(2018/04)(14/16) - HMU 達弥西心

答えはどうやって出て来るかというと、考えたわけではなくて、意識レベルでフッと咄嗟に反応するのです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月22日

●風間旅人随想(2018/04)(13/16) - HMU 達弥西心

これがMAO(自分と会話)をしていて魂が入れ替わってくると、ナント!できるようになるのです。不思議なことに。「いや、こうしてはいけない」と思える。「お兄ちゃんが帰ってくるまで待とう」ということができるようになります。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月21日

●風間旅人随想(2018/04)(12/16) - HMU 達弥西心

意識レベルというのがみんなそれぞれにありますから、先ほどのアンパンを分ける方法でも、どんなに一生懸命考えても「お腹が空いたから」という自分の都合があって、先に食べてしまう。半分といっても真半分にはできない自分。これはその人の意識レベルなのです。


oitokuyo at 10:20|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月20日

●風間旅人随想(2018/04)(11/16) - HMU 達弥西心

そんな感じです。これは食べる話でしたが、本当はこんなふうに思うよね、思ってしまうのだけどもうちょっと上のレベルで思えないかな、と思います。下に思うのはできます。今まで何度も体験していますから。上に思うというのは難しいですよね。したことがありませんから。これはやっぱり手本となる指導者がいて、「これはちょっと高いことだよ」と教えてくれないと無理かなと思います。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月19日

●風間旅人随想(2018/04)(10/16) - HMU 達弥西心

「どうして?」「だって、待てないんだもん。お腹が空いたら気が狂いそうになる」と言う。待ってくれないのです。そんなことを何度か体験しました。ああこの人はこういう人なんだと思いました。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月18日

●風間旅人随想(2018/04)(9/16) - HMU 達弥西心

私もいろいろな経験がありますよ。ある女性と待ち合わせをしていて、着いたら食事をしようと思っていたのですが、仕事の都合で私が電車一本遅れました。それで、着いて「何にしようか?」と尋ねたら「私は食べた」と言う。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月17日

●風間旅人随想(2018/04)(8/16) - HMU 達弥西心

これをどうやるかによって意識というのは決まります。ちょうど真半分に割るにはどうしたらよいか。一番いいのはお兄ちゃんが帰ってくるまで待っていて、お兄ちゃんの目の前で割って分ければいいのです。これが一番いいですね。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月16日

●風間旅人随想(2018/04)(7/16) - HMU 達弥西心

弟の方が、「僕は少なくていい。からだが小さいのだから」と言って小さい方を食べる。「お兄ちゃんに大きい方を残しておく」というのは意識が高いのですが、こういうふうにはほとんどしません。だいたい大きい方を食べます。仕方がありません。これは大人でも一緒です。やりますね。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月15日

●風間旅人随想(2018/04)(6/16) - HMU 達弥西心

半分なのだからちょうど真ん中に割る、これはいいです。でも、誰も見ていないわけですから、ちょっとこっちに行ってもわかりません。大きい方を食べたいですよね。それで大きい方を食べて小さい方を残す。「これが半分だ」と言う。これは意識が低いということです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2018年04月14日

●風間旅人随想(2018/04)(5/16) - HMU 達弥西心

お兄ちゃんが帰るのはもうちょっと後です。お腹が空いた僕は半分食べる。半分こにはしていいわけですから。さあ、半分に割るときに親指を右側左側のどっちに寄せるのか、これが意識なのです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心