2016年07月23日

●風間旅人随想(2016/07)(9/9) - HMU 達弥西心

三谷幸喜さんといえば、彼の博多のおじさんが創案した『源喜(げんき)餃子』はその権利をそっくり受け継いで当社が自社で作って『フォーク酒場どんじゃらほい』で出しています(ホントです)。美味絶賛です。最後は瞬間移動的な商業PRでした。
(西)


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月22日

●風間旅人随想(2016/07)(8/9) - HMU 達弥西心

基本的には魂は瞬間移動をします。これを何と思えばいいかというと、モノではなく念いですね。念いはいくらでも飛ばせますね。フッと「あの人、どうしているのかなあ」と思うとその人のところまでその念いが行っている。「どうしているかな」と思った瞬間にもう行っているということです。そうなるとそれは瞬間移動に近い形ですね。ただ思えばよいのですから。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月21日

●風間旅人随想(2016/07)(7/9) - HMU 達弥西心

でも、あれはおもしろかった。三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』という映画の1シーンで、落ち武者に、女性弁護士が「私、タクシーで行くから、どこどこで落ち合おう」と言ったら、落ち武者が「僕も連れて行ってよ」と言う。「どうして?あなた、瞬間移動できるんでしょう?」と聞くと、「できない。タクシーに乗って行く」と言って、むりやり乗って行くという話がありましたけれども、あの辺はどうなのかなと思いますね。ま、三谷幸喜の世界ですからね。落ち武者にもわからないところはありますよね。生きていた時代がずっと前ですから、「あそこの角で会おう」とか言われても、「わからないから連れて行ってくれ」と言いたくなりますよね。


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月20日

●風間旅人随想(2016/07)(6/9) - HMU 達弥西心

それから、名古屋だとカレーうどん。これがただのカレーうどんじゃあない。カレーうどんの上にじゃがいものクリームみたいなもの、あれがいっぱいのっていて、カレーと混ぜながら食べるというものです。これも「おいしい!」と言っていましたね。何でもあると思います。この世でもこんなにあるわけですから、見えない世界ならもっともっと、何でもありだと思いますね。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月19日

●風間旅人随想(2016/07)(5/9) - HMU 達弥西心

今朝テレビを見ていたら、フルーツカレーというものをやっていましたよ。ごはんがあってカレーがかかっているのですが、その上になんと新鮮なフルーツがのっている。フルーツのかたまりですよ。そのフルーツにカレーをつけて食べるのです。お客は「おいしい〜!」とか言っていましたけれどもね。私はすぐにやってみたくなりますね(笑)。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月18日

●風間旅人随想(2016/07)(4/9) - HMU 達弥西心

自分と会話(MAO)しているとそんなことがすべて受け入れられるようになります。「あるある!それってある」と言ってね。そんな感じです。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月17日

●風間旅人随想(2016/07)(3/9) - HMU 達弥西心

それはわからなくてもいいと思いますよ。バターとあんこ、『ありえない小倉(おぐら)×トースト』。名古屋の喫茶店でメニューを見たときに「これはありえないなあ」と思いましたからね。実際に食べてみて感激してそれをそのままやのくにCafeのもに持ってきたのですけれども。『ありえない小倉バタートースト』ってメニューにしました。別々ならわかりますよね、パンにつけるのであればバターとあんこ。これを一つにして「どうだ!」みたいな感じで出されてね。これは衝撃でした。食べてみるとことのほかうまい。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月16日

●風間旅人随想(2016/07)(2/9) - HMU 達弥西心

「ジャムパンとアンパンをぐちゃぐちゃにして混ぜた感じというイメージで頭に入れたものですから、ますますわからなくなって。アンパンとジャムパンがなんでくっつくのかなと思って。そんなふうに、モノ的に受け取っていました」と、私の講演を聴いてそんな質問をもらう。見えない世界のことを伝えようと思って私のアタマの中の映像をそのまま表現するとたいていこういうことになる。わからなくなったというその人の質問に私はこう答えた。


oitokuyo at 08:00|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年07月15日

●風間旅人随想(2016/07)(1/9) - HMU 達弥西心

「見えるものがある」と話せば抵抗なく理解できるのに、「見えないものがある」と話せばたいてい「ん?」と立ち止まる。モノと言えば目に見えるモノのこと。目に見えないものはオモイだとかこころなどのこと。


oitokuyo at 12:10|PermalinkHMU 達弥西心 

2016年06月28日

●風間旅人随想(2016/06)(10/10) - HMU 達弥西心

はさみは紙を切るという目的を果たすために人間が作りました。だからモノにはすべて意味や目的が、存在した瞬間にあるのです。人も(目に見える)モノですから、存在する目的があるからこそ、生まれてきたのです。人も、目的を果たすために神がつくりました。はい。そういうことです。暮らしの理解です。
(西)


oitokuyo at 07:59|PermalinkHMU 達弥西心